MENU

初婚のアラフォーとバツイチ、結婚相手として選ばれるのはどっち?

結婚する時、誰しも『いずれ離婚するから』などと考えながら結婚する人はいませんよね。

ですが、長年違う環境で生活していた言わば他人同士が同じ屋根の下で生活していくというのは、なかなか難しいものです。
結果として離婚という選択をする人もいます。

ただ、たとえ離婚しても、再び結婚できるチャンスはあるものです。

婚活セミナーでは、『初婚でアラフォーの女性と、バツイチの女性では、結婚相手としてどちらが選ばれるのか?』というテーマが話題になることがあります。
では、初婚と再婚ではどう違うのかを見ていきます。

初婚と再婚で、結婚相手として選ばれる確率が高いのはどちらか

婚活セミナーでは、アラフォーでまだ結婚歴がない女性やバツイチの女性からこういった質問が出ることがあります。

同じ男性をターゲットにした場合、ライバルとなるわけですから、この質問をする女性はどちらが選ばれるのか真剣に考えているわけです。

ただ、ひとつ言えるのは、それは個人の好みによる、ということです。
妻となる結婚相手を選ぶ時、年齢にこだわる男性もいれば、こだわらない男性もいます。

同じように初婚であることにこだわる男性もいれば、バツイチだろうがバツ2だろうがこだわらない男性もいます。

これはもう、相手との相性の問題としか言いようがないわけですね。

人の縁というのは不思議なもので、それまでは絶対に20代の初婚の女性しか眼中になかった男性でも、会って話してみたところ、思った以上にウマが合ったことから、バツイチの女性との結婚を決めた、という話は実際にある話です。

初婚のメリットとデメリット

初婚のメリットとして挙げられるのは、過去の結婚相手とのつながりが一切ない、ということです。過去の結婚相手との子どもがいたりすると、結婚に対するハードルは、一般的には高くなります。

子どもがいる女性の場合、過去の結婚相手に子どもを面会させる必要があるなど、本来の結婚生活に、常に過去がつきまとう可能性が高くなるわけです。
その点初婚の場合は、そういった心配をする必要がなく、自分たちの結婚生活を楽しむことができます。

逆に初婚のデメリットは、逆説的ですが結婚の経験がないため、結婚生活で起こるであろう様々な出来事に対する耐性が出来ていないということです。

結婚する前は納得していたはずだった出来事も、結婚後にやっぱり納得できなくなってしまうというのは、よく聞かれる話です。

例えば細かい話だと、料理の味付けや洗濯の仕方、毎日の生活スケジュールなどです。
自分のやり方と違っても、相手を受け入れる覚悟をしておく必要があります。

生活スケジュールですれ違いが多くなってきたら、時間を見つけて話し合うようにしましょう。

再婚のメリットとデメリット

再婚のメリットは、一度結婚しているため結婚がどういうものなのかをある程度理解している、ということです。

「夫婦間のお財布はどうするのか?」、「共働きの場合の家事分担はどうするのか?」などを結婚前に話し合っておく余裕ができます。
そうすることで結婚生活での誤解を少なくすることができます。

また、一度離婚していることから、結果的に離婚に至るほころびとなるすれ違いを放置せず、話し合いなどですぐに対処するという行動をとることが出来るため、穏やかな結婚生活を送ることが出来ると言われています。

再婚のデメリットは、初婚のメリットのほぼ真逆で、過去の結婚相手との関わりが存在するということです。

子どもがいれば、過去の結婚相手も含めて面会をすることもありますので、現在の結婚生活が過去の結婚生活とパラレルに存在しているような状態になってしまいます。

特に子どもが、再婚について十分に理解できる年齢であった場合などは、きちんと説明する必要がある上に必ずしも賛成してくれるとは限らないケースもあります。

そういった場合でも、再婚を諦めず結婚する予定の相手や、子どもにも十分に時間をかけて、根気よく話をしましょう。
子どものために結婚を諦める必要はありません。

結婚歴の有無は、人間性にはほとんど影響しない

結論としては、初婚やアラフォー、バツイチであろうが、結局のところは結婚相手との相互理解と相性の問題に過ぎない、ということです。

バツイチの場合は、過去の結婚相手や子どもなど、乗り越えるべき問題があるように見えますが、結婚相手がそのハードルをとらえるかどうかは、こちらがいくら悩んでもどうしようもないことなのです。

結婚したい相手がいて、相手も自分と今後の人生を歩むことを望んでいるのであれば、何も問題はありません。

このページの先頭へ