MENU

ドラマのようでもちゃんと現実!結婚相談所で起こるトラブルとは

結婚相談所を開設して運営するには、特に管轄省庁の許認可が必要となるわけではありません。
つまり、なんとなくでも始めることが出来るビジネスなのです。

そのため、悪質な結婚相談所を見抜けないまま会員登録してしまって、入会後にトラブルに見舞われたという話は少なくないのです。

結婚相談所は開業するのにそれほど元手がいらないビジネスですので、初めから悪意を持って結婚相談所を開設する人もいるという可能性も頭に入れておきましょう。

結婚相談所に関わるトラブルの例1)会員情報がまったくの偽物である

これは容姿端麗で収入面でも申し分のない会員情報を増やすために、モデルなどを雇い、会員として登録させ、条件の良い会員が多数在籍しているように見せかける手法です。

これを信じてしまった人は登録後、まともなカウンセリングも受けられず、相手を紹介もしてもらえない、という状況になり、月額料金だけがかさんでいくということになってしまいます。

結婚相談所に関わるトラブルの例2)異常に高額な違約金を請求される

あまりにも条件の合う相手が見つからないからと退会しようとしたら、様々な理由をつけて退会を拒否されたり、または入会金の数倍もする違約金を請求されるということもあります。

そういったトラブルに遭遇した場合は、すぐには応じてはいけません。
「日を改める」と一旦帰ること。
そして、消費トラブルを専門に扱う公的機関に相談しましょう。

専門家に間へ入ってもらえば、精神的肉体的な負担が軽減されます。
契約書に明記してある金額以外の費用を請求された場合は、自分で対処しようとせず、専門家にお願いするのが早期解決の近道となります。

結婚相談所に関わるトラブルの例3)会員プロフィールが真実ではない

結婚相談所の会員プロフィールというのは、これからの人生を一緒に過ごす相手を探しに来ているわけですから、たったひとつでも虚偽の情報があってはいけません。

ですが、悪質な結婚相談所は、年収を高めに偽ったり、ひどい場合は、本人の顔写真ではないこともあります。

これは一度アプローチをし、何度かやり取りをしてみて判断するか、あまりにも素晴らしいプロフィールの持ち主については、初めから疑ってみてもいいかもしれません。

結婚相談所に関わるトラブルの例4)入会後すぐにカウンセリングの日程が決まらない

通常、結婚相談所の会員となったら、早期にカウンセリングの日程が調整されます。
結婚相談所もビジネスですので、お金をもらうからにはそれを結婚相談所の成婚率として還元しようとするはずです。

それがひいては成婚率の維持や上昇といったビジネスの成功につながるからです。しかし、悪意ある業者が運営する結婚相談所では、入会金や月額料金を取ることだけが目的だったりしますので、入会後にカウンセリングが設定されないことがあります。

そもそもカウンセラーがいないということもあるのです。
怒りに任せて連絡するとお茶を濁した返事しか返ってこなかったということも少なくありません。

出来れば会員登録する前に、カウンセラーに少しでも話を聞けると、悪質な結婚相談所ではない、と判断できますね。

結婚相談所に関わるトラブルの例5)成功報酬=成婚料が異常に高額である

結婚相談所では、結婚が成立した場合はめでたく退会となりますが、その際、成功報酬として成婚料を支払うことになっています。

これが結婚相談所において最後のトラブルとなってしまうことがあります。
成婚料が異常に高額であったり、まだ婚約もしていないのに、交際期間が長いというだけで成婚料を請求されるといったケースです。

こういった場合は、在籍している結婚相談所の経営が上手くいっておらず、短期的に資金が必要になった可能性もありますので、注意深く推移を見守る必要があります。

少しでも倒産に関する噂が耳に入ったら、早めに次の婚活について考えておいた方が良いかもしれません。

結婚相談所選びのポイントは綿密な情報収集から!

悪質な結婚相談所に引っかかって時間とお金を無駄にしないためにも、結婚相談所を選ぶ時にはしっかりした情報収集が必要不可欠です。

ネットや誌面の口コミにはステルスマーケティングが含まれているケースがありますので、話半分くらいの気持ちで読んでおくのがベスト。
実際に知り合いなどから聞いた口コミ以外は信じない方がよいでしょう。

興味のある結婚相談所を見つけたら、とりあえず足を運んで、実際に働いている人と少し話をしてみましょう。

悪意のある人は、結婚についても結婚相談所についても、個人のことについてもネガティブなことは一切言わないものです。

そういった人を避ける方法は、結婚相手に求める条件を細かく、厳しく設定して、カウンセラーや担当者に結婚できるかどうか聞いてみることです。

簡単に「大丈夫です!」という人は信用できない人の可能性が非常に高いです。
「少し条件を緩くした方がいいですよ」と諭してくれる人は、今後もしっかりアドバイスしてくれると思っていいのではないでしょうか。

結婚相談所に会員登録した後は、カウンセラーのサポートを受けながら婚活していくわけですから、「悪い点は悪い」と指摘してくれる人でなければ成功には近づけません。

無料カウンセリングなどを利用して、実際のカウンセラーと話をしてから結婚相談所を決めることをおすすめします。

このページの先頭へ